スキップしてメイン コンテンツに移動

延享の記憶-江戸城内 (偵察高め) について

延享の記憶-江戸城内
今更だけど偵察合計が500以上のルートについて。
敵の部隊構成と、個人的な周回用のメモ (機動と統率)

※部隊構成は確認した分のみ。


© DMMゲームズ/Nitroplus

ボスまで一直線で計5戦。
夜の屋内戦。ボスでは銃兵の遠戦も無効。

敵の部隊構成

敵の生存と刀装。
名称生存刀装
短刀_甲40軽歩兵特×3
脇差_甲50軽歩兵特×3
打刀_甲90軽歩兵特×3
打刀_甲90重歩兵特×3
苦無_丙 (レア4)60軽歩兵特×3
苦無_丙 (レア5)80軽歩兵特×3
中脇差_丙 (レア4)90軽歩兵特×3
中脇差_丙 (レア4)100軽歩兵特×3
中脇差_丙 (レア5)120軽歩兵特×3
槍_甲 (レア3)10槍兵特×3
槍_甲 (レア4)10槍兵特×3
槍_甲 (レア5)10槍兵特×3

道中

打刀は重歩兵、苦無・中脇差はレア4。
 部隊構成備考
構成A槍短短短短槍槍はレア4
構成B槍脇脇脇脇槍槍はレア4
構成C槍打打打打槍槍はレア5×1・レア4×1
構成D槍槍槍槍槍槍レア3・レア4・レア5 各×2
構成E槍脇中中脇槍槍はレア4、中脇差は生存90
構成F槍中苦中苦槍槍はレア5×1・レア4×1、中脇差は生存100
構成G槍中中中中槍槍はレア4×2、中脇差は生存90
構成H槍中中中中槍槍はレア5×1・レア4×1、中脇差は生存90
構成I槍中中中中苦槍はレア5、中脇差は生存90
構成J苦中中中中苦中脇差は生存90

ボス

槍はレア5。
 部隊構成備考
構成A打打打打打打重歩兵
構成B苦苦苦苦苦苦レア5
構成C中中中中中中レア5
構成D打打打苦苦苦打刀は重歩兵、苦無はレア4
構成E打打打苦苦苦打刀は軽歩兵、苦無はレア4×2・レア5×1
構成F苦苦苦打打打打刀は軽歩兵、苦無はレア4
構成G中打中中打中打刀は軽歩兵、中脇差はレア4生存100×2・レア5×2
構成H中中打打中中打刀は軽歩兵、中脇差はレア4生存100
構成I苦中中中中苦苦無はレア4、中脇差はレア4生存100
構成J苦中槍槍中苦苦無はレア4、中脇差はレア4生存90


以下は周回用のメモ。
中脇差の機動と、主に槍からのダメージについて。
極は手持ちに関してだけ (五虎退・今剣・薬研・博多・後藤)

長いので最初に少し整理。
確保しておくと周回しやすくなるのが
  1. 方陣VS雁行の道中生存90中脇差に先制
  2. 魚鱗VS鶴翼の道中レア5・レア4槍でほぼ最低ダメージ
の2つだと思うので、それに必要な推定レベル。桜付き。
  • 軽歩兵特or銃兵特×2装備
    • 博多・五虎退:Lv76~77
    • 薬研:Lv70
    • 今剣・後藤:Lv66
  • 重歩兵特×2装備
    • 博多・五虎退:Lv63~64
    • 薬研:Lv65
    • 今剣・後藤:Lv59
  • 軽歩兵特・重歩兵特 各×1装備
    • 博多・五虎退:Lv69~70
    • 薬研:Lv64
    • 今剣・後藤:Lv60
索敵失敗した場合は雁行が無難。それでも鶴翼だと痛い。
雁行VS鶴翼でのダメージを抑えるなら重歩兵特×2装備でLv70前後。

その他の値での計算用。
https://docs.google.com/spreadsheets/d/1wQX1vxLdco9iEXdQa0YBheGYIalN4p85_tuwCFOKP_Y/edit?usp=sharing
(2017年5月23日:敵の打撃を調整したのでスプレッドシートと記事の値に若干のずれがあります)

DLして使いやすいようにいじってください。
厳密な精度を求めない人向け。被ダメージは本体ダメージの計算。
許容できるダメージは一番高い値を引いた場合を想定。


ここから詳しい話。

中脇差の機動

道中に出てくる中脇差の補正込機動がこのくらい。
  • 生存90
    • 鶴翼方陣:272~274
    • 魚鱗横隊:302~304
    • 雁行:332~334
    • 逆行:363~365
  • 生存100
    • 鶴翼方陣:296~297
    • 魚鱗横隊:329~331
    • 雁行:362~364
    • 逆行:395~397
ボスは細かい値は未確認。
中中打打中中部隊のレア4生存100は逆行400以下。

道中の生存90・生存100に先制可能な推定レベル。桜付き。
確認した範囲での最大値から逆算。
基礎値と軽歩兵特装備の値 (1つにつき機動+5)

https://docs.google.com/spreadsheets/d/12FAXQZtqIpun5FAG54CwHtaWkFWi501n7LsA3SA4fKE/pubhtml

機動の陣形補正:
逆行=1.2 雁行=1.1 魚鱗横隊=1 鶴翼方陣=0.9

有利陣形で機動的に一番苦しいのが方陣VS雁行。
脇差の特性の「会心の一撃時に後退させる力が強い※」「部隊の会心の一撃率アップ」の影響で敵全員に先手を取られると押し出し負けも有り得るので、自部隊の半数程度は中脇差よりも先に動けた方が安心。
※脇差の他に槍も該当。

特だと道中・生存90相手でLv99桜付き機動64以上が逆行VS鶴翼方陣なら追い越せるくらいの速さ。
極短刀以外は無理に追い越す必要はない (有利陣形でも一発で倒せないことが多い) けれど、現時点で条件を満たせるのは
  • 博多藤四郎特:機動64
  • 小烏丸:機動53+刀装最大15
  • へし切長谷部:機動57+刀装最大10
  • 愛染国俊特:機動61+刀装最大5
  • 膝丸・日本号:機動51+刀装最大15
  • 骨喰藤四郎:機動54+刀装最大10
※夜戦・屋内戦の補正は機動には影響しないのでどの刀種でも計算式は同じ。
 ROUNDDOWN(機動*(Lv*0.02+1)*疲労補正*陣形補正, 0)

高速槍からのダメージ

計算の詳細は別記事で。
延享の記憶 高速槍からのダメージについて

道中の場合。
高速槍×6部隊にいるレア3槍は、短刀なら特でも痛くない。
レア4とレア5は極でも統率・レベル・陣形によっては2桁ダメージ。

レア4・レア5槍からのダメージが本体1~2程度になる推定レベル。桜付き。
基礎値と重歩兵特装備の値 (1つにつき統率+5)

https://docs.google.com/spreadsheets/d/1i-7oUF_8lmxg1KHSak_bxyIAHMqhP7CqELXWOdxlnRI/pubhtml?gid=361844176&single=true

有利陣形で一番強いのは魚鱗VS鶴翼。
雁行だと不利方陣相手よりも鶴翼相手の方が被ダメージが大きくなりそう。

基本の統率が極短刀くらい高いと補正込統率が有利魚鱗<形勢なし方陣。
  • Lv99桜付き統率44短刀:有利魚鱗で917、形勢なし方陣で865
  • Lv45桜付き統率75短刀:有利魚鱗で920、形勢なし方陣で940
統率65前後で補正値が逆転するけれど、ダメージ差を実感できるのは80超えた辺りから。
ただ方陣は機動・打撃が下がるので、高速槍以外にも先制されたり一巡で倒し切れなかったりで結果的に被ダメージがかさむ可能性も。

特短刀は敵が左陣形だとほぼ2桁ダメージ。
魚鱗VS鶴翼の場合、基本の統率40以下は重歩兵装備じゃないと乱数によっては一発で重傷。統率41以上はどの程度生存上げてあるかによる。厚・後藤・小夜・信濃・平野は生存初期値でも中傷止まりで済むかな。

ボスマスで出てくるレア5槍はもう少し強めで、必要レベル+4~6程度。

短刀以外については後述。

苦無・打刀からのダメージ

※データが少ないのでかなり憶測

レベル・夜戦・屋内補正込打撃がこのくらい。
  • 道中重歩打刀:396
  • ボスレア4苦無:360
  • ボスレア5苦無:378
  • ボス軽歩打刀:390
道中苦無とボス重歩打刀の本体ダメージは未確認。
ボス重歩打刀は刀装ダメージ参考にすると425くらい。刀装ダメージはかなりぶれるので、実際はもっと高い可能性も。

ダメージの刀種補正は苦無・打刀のどちらも1=補正なし。
(道中レア5槍だと推定312、槍の補正でダメージ*0.6)

道中レア4・レア5槍を魚鱗VS鶴翼で1~2ダメージに抑えられるレベルだと、ボスレア5苦無が鶴翼VS横隊・雁行VS逆行で1ダメージ。ボス軽歩打刀だと4ダメージ前後。
もう少し考慮するなら、
  • 参考用:魚鱗VS鶴翼で道中レア4・レア5槍から1~2ダメージ
    • 博多:Lv77 (Lv64)
    • 五虎退:Lv76 (Lv63)
    • 薬研:Lv70 (Lv58)
    • 今剣・後藤:Lv66 (Lv55)
  • 鶴翼VS横隊・雁行VS逆行でボス軽歩打刀から1~2ダメージ
    形勢なし方陣VS逆行で同じか少し強いくらい
    • 博多:Lv80 (Lv66)
    • 五虎退:Lv79 (Lv65)
    • 薬研:Lv73 (Lv61)
    • 今剣・後藤:Lv69 (Lv57)
  • 逆行VS魚鱗でボス軽歩打刀から1~2ダメージ
    形勢なし雁行VS横隊・雁行で同じか少し弱いくらい
    • 博多:Lv98 (Lv82)
    • 五虎退:Lv96 (Lv81)
    • 薬研:Lv90 (Lv76)
    • 今剣・後藤:Lv85 (Lv72)
桜付き。括弧内は統率+10の場合。
対鶴翼や対重歩打刀の被ダメージを抑えるならもっと要るけれど、高速槍と違って先手取って潰せる可能性がある分、多少妥協しても問題はないんじゃないかなと。
魚鱗VS鶴翼での被ダメージは、鶴翼VS横隊・雁行VS逆行に合わせると連撃一発、逆行VS魚鱗に合わせると連撃全部が本体に来ても立っていられる程度。

短刀以外の刀種

偵察高めルートは極短刀向けだっていうのは大前提として、その他の刀種の被ダメージについて。

夜戦の統率補正は推定短刀5、脇差2、打刀1.5、その他1。
脇差は短刀に次いで高いけれど、元々の生存・統率が低いので厳しい。
道中レア4・レア5槍からの攻撃が、Lv99桜付き・生存最大・盾兵特×2装備で
  • 魚鱗VS鶴翼:全員重傷
  • 逆行VS魚鱗:物吉は中傷止まり
  • 鶴翼VS横隊・雁行VS逆行:物吉・浦島は中傷止まり、骨喰は乱数次第
  • 方陣VS雁行:物吉・浦島・骨喰は中傷止まり、にっかりは乱数次第
  • 横隊VS方陣:全員中傷止まり
多分こんな感じ。

同じくLv99桜付き・盾兵特×2装備で、打刀の場合は耐えられそうなのはこの辺り。
  • 魚鱗VS鶴翼:確実に中傷止まりは無理 (和泉守が生存61以上で乱数次第)
  • 逆行VS魚鱗:和泉守・大倶利伽羅が生存58以上
  • 鶴翼VS横隊・雁行VS逆行:
    • 和泉守・大倶利伽羅・千子が生存初期値以上
    • 同田貫が生存50以上
    • 亀甲が生存54以上
    • 長曽祢が生存56以上
  • 方陣VS雁行:上記6人が生存初期値以上、蜂須賀が生存50以上
  • 横隊VS方陣:
    • 上記7人+長谷部が生存初期値以上
    • 統率計69~70が生存44以上
    • 統率計67が生存45以上

太刀・大太刀・槍・薙刀だと夜戦の上方補正なし。
Lv99桜付き、全枠盾兵特 (槍と薙刀は重歩兵特) で一発重傷にならないために必要な生存がこのくらい。
手持ちの生存MAXだけ抜粋。

https://docs.google.com/spreadsheets/d/1i-7oUF_8lmxg1KHSak_bxyIAHMqhP7CqELXWOdxlnRI/pubhtml?gid=0&single=true

被ダメージは大きいけれど基本の統率・生存の最大値が高い場合が多いのでそれなりに耐えられる。
太郎太刀だと50ダメージでも中傷。

高速槍×6部隊のレア3槍はどの刀種でも魚鱗VS鶴翼は乱数次第、逆行VS魚鱗は生存上げれば全員平気だと思う。物吉なら横隊VS方陣は最低ダメージに抑えられそう。


とりあえずここまで。
何かあったら追記。